初めての方へ

当サロンの想い

私の大切なもの“想い”
自営業は身体が資本!~働く人を応援します~

「お父さんが、脳梗塞で倒れたよ」と母から一報が入った時の私が受けたショックは今でも忘れません。一命はとりとめたものの、いつ父の命が途絶えるのか…不安の中で出会ったのが世界最古の健康法アーユルヴェーダ。インド発祥で約5000年の歴史があり、人が「一生を健康で長寿を全うするための智慧」がつまった伝承医学です。その出会いが父の運命をかえ、その後4年間を家族と一緒に幸せな日々を送りました。
個人全体のバランスを整えることを基本とするアーユルヴェーダ。私は、その特徴的な施術を定期的に父に行うことができたことを今では誇りに思います。
病気発症当時67歳の父は事業継続を断念し会社を廃業。だから私は、自営で頑張っている男性をみると「健康で仕事を頑張ってほしい!」という想いに溢れます。
いまシロダーラ(アーユルヴェーダの施術の一つ)が男性経営者に好評です。身体の老廃物を流したあと額にあたたかい液体をたらし続ける施術で「脳の究極のリラックス」ともいわれ西洋医学にはないアーユルヴェーダ独特のものです。

「頭が軽くなってスッキリする、仕事でモヤモヤしていたことや雑多なことが気にならなくなった、イライラすることがなくなり冷静に判断できる、真っ白い紙に書くようにスッと仕事に入れる、体調万全で仕事に臨める、特に疲れが激しいと思われる方には是非お薦めしたい。」という多数のお声をいただきました。
私はこれからもアーユルヴェーダを通して健康増進と仕事で成果をあげていただくために働く人を応援していきます。

当サロンの想い

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは、約5,000年前にインドで生まれました。世界保健機構(WHO)も認める伝統医学のひとつで、現代のインドをはじめ、数多くの国々で実践されています。

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダの考え方

アーユルヴェーダは、サンスクリット語でアーユス(命、寿命)とヴェーダ(科学、知恵)を組み合わせた言葉で、“生命の科学”を意味しています。人と自然の関わりを見つめて体系化し、人が真に健康で幸せに生きるための術を説く科学です。また、医学でもあり、哲学でもあるアーユルヴェーダでは、人のからだは“空、風、火、水、土”の5大要素でできているとされています。

<空>
人のからだの外には空間がありますが、人のからだの中にも空間があります。例えば、頭蓋腔や胸腔、腹腔をはじめ、細胞ひとつを見ても同じ事が言えます。

<風>
空間があれば風が起こりますが、人のからだの中でも風は起こります。人は空気を吸ったり、吐いたりすることで、からだの中で風を起こします。

<火>
太陽は火の源です。火は物質を変換することができます。人のからだの中の火は消化力を表しており、食べ物をエネルギーに変換してくれます。

<水>
人のからだの中にはたくさんの水があります。水は、血液や唾液など、からだの中にあるすべての液体を表しています。

<土>
人のからだの中で土もしくは地を表すものは、筋肉と脂肪です。

“空、風、火、水、土”の5大要素のバランスは、生まれつき一人ひとり異なります。それは体質と呼ばれ、人の外見、性格、動き方、考え方などすべてに影響して個性になります。このバランスの違いが、世界にひとりだけの自分を作っています。

また、“空、風、火、水、土”の5大要素は、組み合わせることによってヴァータ(空&風)、ピッタ(火&水)、カファ(水&土)の3種類に分類することができます。これらはドーシャ、3つをまとめてトリ・ドーシャと言いますが、個人が持っている体質を表しています。

アーユルヴェーダの考え方

アーユルヴェーダの実践

アーユルヴェーダは、症状を抑えるのではなく、原因を取り除く医学です。例えば、「耳が痛い」という症状があれば、年齢や性別、職業、食事、体質(トリ・ドーシャ)などのパーソナリティーを聞きます。同じ症状であっても、処方される薬や治療が人によって異なるのがアーユルヴェーダの特徴です。また、同じ原因により、何らかの影響を受けていた他の部分も共に良くなるというメリットもあります。

一人ひとりに個人差がある事を前提に、病気を肉体と心の双方から捉えることを特徴とするアーユルヴェーダ。医学だけにとどまらず、占星学や天文学、哲学、心理学、死生観をも含めた“生きるための知恵”を教えてくれます。病気の治療だけでなく、健康で幸せな人生を送るために、人をスピリチュアリティーに導く科学なのです。

アーユルヴェーダの実践

オーナーあいさつ

インド伝承のアーユルヴェーダを日本の日常に!~5000年の智慧と技術で心と体を癒します~

オーナーあいさつ

プロフィール

・杉浦このみ 静岡県川根本町出身。現在、藤枝市在住。       

私は中学生の頃から若白髪がありそれが悩みの種でした。30代に入り白髪がかなり気になるようになり、毎月美容院でなるべく自然なものを選んでカラーリングをするようになりました。それから10年、「体に良くて天然のカラー剤を使った白髪染めが自分でできないかな・・・。」と思っていた頃、パティール・シーマ氏のミニセミナー【自分でできる!ヘナカラー】と出会いました。その参加がご縁でムクティ・アーユルヴェーダ&ヨガアカデミーの特待生としてアーユルヴェーダ&ヘナを学び始めました。

私は、アーユルヴェーダ&ヘナで『自分の健康は自分で維持できる!』という体験と感動から身近な人の健康をサポートしたい!という思いが湧き、約25年間勤めた会社を退職しました。そして、2012年から現在はアーユルヴェーダセラピスト&ミニセミナー講師及び上級食育指導士として活動しています。

当サロンでは、少しでも皆様のお手伝いができればと、全コースお客様に合った方法で施術をさせていただいております。

是非、究極の癒しを体感しにきてくださいね。

プロフィール